ウェブ情報からの学ぶこと

カラコンの安全性について

手軽におしゃれを楽しめるカラーコンタクトですが、その使い方を誤れば重大な目の病気を引き起こしてしまう原因にもなります。

きちんとした使用方法を学んで、目の健康を損なわないようにしましょう。

カラーコンタクトが原因で起こってしまう病気をいくつか紹介します。

角膜血管新生

角膜血管新生とは、酸素不足を解消しようと血管が角膜内部に侵入してきてしまう病気です。

症状が進行すると、瞳が白濁し、最悪の場合は失明に至る恐ろしい病気です。

カラコンはソフトレンズが一般的ですが、ソフトレンズはハードレンズに比べて酸素の行き来が少なく、酸素不足に陥ってしまいやすいのです。

またカラコンは視力矯正用のレンズよりも酸素の通過率が低いものが多く、より酸素不足に陥りがちです。

この病気は痛みや痒みといった自覚症状が現れないのが特徴です。

見た目に症状が現れて、病院へ行った時には既にかなり悪化していたというケースもありますので、気を付けましょう。

角膜炎・結膜炎

細菌やカビなどによって角膜・結膜に炎症が起こった状態を角膜炎・結膜炎と言います。

カラコンは処方箋なしで簡単に買うことが出来るため、医師の指導もなく誤った使い方やケアをしている人は大勢います。

ケアを怠り不衛生なレンズを装着し続けると、重症化してしまい治療も長期化してしまいます。

白目の充血・痛み・涙が出る・目やにが出る・光がまぶしいなどの症状が出た場合は、速やかに病院へ行きましょう。

カラコン依存症

カラコンは簡単に黒目を大きくしたり、おしゃれに見せることができますが、その一方でカラコンなしでは出掛けられないといった依存症に陥るケースもあります。

無理をして長時間カラコンを装着したり、多少の目の痛みや違和感があっても使い続けてしまうようになると、上に挙げたような病気やその他様々な病気の原因となってしまいます。

度ありカラコン人気は高いですが、カラコンはあくまでも一時的なおしゃれアイテムであり、カラコンを着けた状態が通常の自分だと錯覚してしまわないようにしましょう。

病気を予防するためには

カラコンによる病気を予防するためには、きちんと使用方法やケア方法を知ることが大切です。

まずは長時間の使用を避けること。

メーカーにもよりますが、装着は大体一日8時間を目安にしましょう。

やむを得ず長時間着けなければならない場合は、次の日は一日着けないなどして、目を休ませてあげてください。

そして、レンズは専用のケア用品を使って清潔に保ってください。

水道水を使うと、レンズが変形したり水中に含まれる細菌による感染症を引き起こす場合があるので、専用の洗浄液・保存液を使うようにしましょう。

最後に一番大切なのが、きちんと眼科へ定期的に検診をしに行くことです。

自分では異常なしと感じていても、実は小さな傷ができていたり自分では気づけない病気にかかっていることもあります。

レンズの大きさなどが目に合っていないこともあるので、きちんと眼科で診てもらいましょう。

金, 2月 26 2016 » 学び