ウェブ情報からの学ぶこと

マツエクは働く女性こそ

マツエクは何となくギャルのものというイメージがありました。

そして、マツエクが流行るちょっと前くらいに友達がマツエクをしていたのですが、それがとっても不自然だったので、あまりマツエクに対して良い印象は持っていませんでした。

ですが、マツエクが出来るサロンも増えて技術革新したのか、ナチュラルだけどしっかり盛っているというOLでも違和感ない印象に仕上がるマツエクが増えてきたように感じたので、遅ればせながら先日マツエクデビューすることにしました。

マツエクするにあたって、芸能人のブログをくまなくチェックして、こういう仕上りイメージにという画像収集と、マツエク本数のベストバランスの検証をしました。

色々と検討した結果、私は優木まおみさんのマツエクを目指すことにして、片目は100本にしました。

早速仕事帰りにサロンで施術してもらったのですが、とにかく目がパッチリになります。

スッピンでもまつ毛がしっかりしているので、顔がぼやけないし、朝のメイク時はマスカラをする必要がないのでメイク時間がかなり短縮されました。

マツエクをするとノーメイクでもメイクした風の顔に仕上がるので、仕事や子育てで忙しい女性にこそおすすめです。

すっぴんに自信が持てるようになるし、朝のメイク時間も時短になって約5分ほどで終わるので、マツエクはちょっと高かったりサロンへ行くのが面倒くさかったりしますが、そのデメリットを差し引いてもメリットは十分にあります。

お手入れが大変そうというイメージのあるマツエクですが、オイルクレンジングは使わないようにしたりクレンジングなどのタイミングで目をゴシゴシこすったりしないようにしたりとか、ちょっとしたことを心がけるだけなので、そんなに大変ではありません。

月に1回サロンに行くだけなので、ちょっとした気分転換も兼ねてサロンへ行くようにしています。アイラッシュヴィズも最近気になるところ。

マツエクはギャルのものだけではないので、大人女性にもチャレンジして欲しいです。

金, 5月 1 2015 » 学び