ウェブ情報からの学ぶこと

思い出のピアノを処分はどうせならと買い取ってもらうことに

私が小学校に上がる時に買ってもらったアップライトピアノ。

私は高校の時にピアノを習い事として辞めてしまったのでそのまま使っていませんでしたが、妹の方はずっと使っていました。

今回、妹が結婚し嫁ぐことになり、家の整理をしていたところ、ピアノの話題になりました。

妹の嫁ぎ先に置くわけにもいかず、実家の方も手狭になってしまっていることもあり、処分しようということになりました。

弾かなくなったとはいえ、20年程ずっとあったピアノなので、少しさびしい気持ちにもなりましたが、今後使われないものを置いておくのも気が引けたからです。

ただ、捨ててしまうということは壊してしまうということなので、買い取ってもらえるなら買い取ってもらって違う人に使ってもらった方がいいだろう、と考えましたが、20年も経っているので買取価格が付くかわかりません。

ピアノ売却をしようと思い試しに7社程買取見積を行なってもらうと、意外なことに5万円程の価格を提示してくれた会社がありました(未回答・買取不可もありましたが)。

メーカーがヤマハという大手だったことと、嫁ぐ直前まで妹が使っていたため、こまめに調律を行なっていたのがよかったのかもしれません。

自宅まで取りに来てくれる業者の中で、一番高い価格を提示してくれた会社に正式に依頼をし、買い取ってもらうことにしました。

詳細を詰めている時に、住んでいる場所がマンションの6階だったので、外までの運びだしが不安になりましたが、聞いてみると、運びだしも含めて行なっていただけるということで助かりました。

当日はピアノの上のものを片付けるだけで、来てくれた4名の方でテキパキと運び出してくれたので殆ど時間は掛かりませんでした。

買い取ってもらったお金は、妹が嫁ぎ先でキーボードを買いたいということだったので、その際の費用に使って、今はそれを弾いているようです。

ピアノも誰かに大事に使われていればいいなと思っています。

家も広くなり最初は違和感がありましたが、今では違うものを置いたりと内装を変えて楽しんでいます。

買取価格を提示してくらた業者には作業も含めて非常に感謝しています。

月, 3月 16 2015 » 学び