ウェブ情報からの学ぶこと

お尻のにきびの原因と治療法

ニキビは皮脂の分泌が活発な顔や背中だけではなく実はお尻にも出来てしまいます。お尻にも皮脂を分泌する機能があり知らず知らずのうちに皮脂を分泌しニキビになっています。

また皮脂の分泌以外にもお尻には常に力が掛かっています。座る時や横になっている時にもお尻には全体重が掛かってしまい常に負担が掛かっています。そのため肌の角質が圧縮されることにより硬くなり、角質が厚くなってしまいます。その厚くなった角質は、ニキビの原因であるアクネ菌を繁殖させやすい環境になります。

そしてお尻のニキビは痛みを伴うことが多いです。やはりニキビが出来たからといって座らない訳にはいかないので、それによりさらに負担を掛けてしまい余計にニキビを悪化させてしまいます。

お尻にニキビが出来てしまった場合の簡単な治療法としては身体を清潔な状態に保つことです。入浴の際に身体を洗うのはもちろんなのですがその際にも注意が必要です。ボディスポンジなどを使う場合には繊維が荒いものではなく、柔らかい素材のものを使用しボディソープを十分に泡立てて優しく洗います。また、ボディソープも肌に優しいものを選ぶ必要があります。肌の質は個人によって差が出てきます。ですが統一して言えるのが酸性が強いものは避けた方がいいです。肌トラブルが起きやすく、赤くなってしまったり痒みが出る場合があります。ボディソープは出来るだけ天然のものや弱酸性のものを使用するようにします。それを綺麗に洗い流しそれだけで肌トラブルが減り、アクネ菌を減少させニキビを治すことが出来ます。

他にも食生活の改善はお尻ニキビの改善にも繋がります。比較的に糖質が多い食事を続けていくと皮脂の分泌が活発になってしまうため、出来るだけバランスの取れた食事を継続して心掛けることが大切です。また、ストレスも大きな原因となっています。なるべくストレスを溜めずに、ストレス解消出来る場所や対処法を見つけておくことも大切です。

火, 8月 11 2015 » 学び